« 【お知らせ】 本日(4月3日)19時からラジオ番組放送開始! | トップページ | 【お知らせ】 ラジオコーナー『釋亜世の風来坊主がゆく』試聴と法話ライブ新聞掲載のお知らせ »

2011年4月 4日 (月)

【お知らせ】 本日は法話ライブ @金沢市辰巳町・潮音寺

110402_171301  ラジオ番組も手探りの中ではありますが、お陰様で無事にスタート致しました。

 

 日付変わって今日は、僕の所属寺にて『松田亜世法話ライブ』を開催致します。

 

 どなたでもお参り、ご参加頂けますので、お時間ございましたら是非お越し下さい。

 

----------------------------

 

 【日付】 2011年4月4日(月)

 

 【会場】 真宗大谷派 犀音山 潮音寺

        (金沢市辰巳町ニ36)

 

 【時間】 13:30~ お勤め

              法 話 (潮音寺若院・小野賢明師)

       16:00~ 『松田亜世法話ライブ』 (北國新聞社後援)

 

【お問い合わせ】 076-229-0036 (ちょうおんじ)

 

« 【お知らせ】 本日(4月3日)19時からラジオ番組放送開始! | トップページ | 【お知らせ】 ラジオコーナー『釋亜世の風来坊主がゆく』試聴と法話ライブ新聞掲載のお知らせ »

【お知らせ】」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

初めてまして。
法話を検索してこちらに辿り着きました
”(ノ><)ノ

子供の時から法話が大好きな二児の母で Toshieといいます。
発見した時はびっくりしました。

私は小野さんと小学校、中学校の同級生です。

私は同窓会に行かないので、もう随分会ってませんが…

修行を終えて金沢に戻って来て頑張ってるんだなぁと思いました。

ライブってすごいですね。
カッコイイ。

今でも法話が好きなので、子供達は大谷の幼稚園へ入れました。

機会が会ったら園長先生のお話を聞きにも行きます。

うーん…産まれてくる家を間違えたかな私。よく親に「お寺さんちの子に産まれたかった」と言ってたぐらいですから。
話が長くなってしまいすみません。

小野さんによろしくです。

◎Toshieさん、

 はじめまして。コメントありがとうございます。

>私は小野さんと小学校、中学校の同級生です。
私は同窓会に行かないので、もう随分会ってませんが…
修行を終えて金沢に戻って来て頑張ってるんだなぁと思いました。

 そうでしたか。若院さんとして頑張っています。僕もたまにお手伝いに行っています。

>ライブってすごいですね。
カッコイイ。

 いえいえ。タイミングが合いましたら是非お越しください。法話と歌と混ぜた法話ライブや、純粋にライブハウスでのライブもやっています。

>今でも法話が好きなので、子供達は大谷の幼稚園へ入れました。
機会が会ったら園長先生のお話を聞きにも行きます。

 そうでしたか♪

 また是非こちらのブログにも遊びにいらしてください。第1・第3日曜日の19:00~20:00の間はインターネットでもお聴き頂けるラジオもやっています。法話のコーナーもありますので、お時間ありましたら是非お聴きください。

本日早朝、大谷祖廟におまいりに行きました。そこで、貴寺のお嬢さんと出会いました。不思議なご縁を感じております。
因みに、私は金沢市横安江町で生まれました。富田家の墓は、芳斉町の正福寺にあり、私の祖父母、父母が大谷祖廟に分骨されており、大阪府枚方市に住んでおりますので、毎月お参りさせていただいております。
泉丘高校~金沢大学を卒業しており、兄夫婦も寺町に住んでいますので、毎年金沢に帰省しております。

昭和13年11月14日生まれ 満75歳
パナソニック定年退職後、現在自営業をしております。
金沢に生まれたことは、本当に幸せです。

◎富田 靖さん、

 はじめまして。泉丘の先輩でらっしゃるのですね。コメントありがとうございます。

 金沢は本当に素敵な町だと思います。僕も金沢を故郷として持ててよかったなぁと思います。

 今後とも何卒よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【お知らせ】 本日(4月3日)19時からラジオ番組放送開始! | トップページ | 【お知らせ】 ラジオコーナー『釋亜世の風来坊主がゆく』試聴と法話ライブ新聞掲載のお知らせ »

フォト

松田亜世関連リンク

Twitter


Discography

  • 松田亜世 -

    松田亜世: 0 <ゼロ>


    ”真宗大谷派僧侶でもあるフォーク・シンガー、松田亜世の5年ぶりのアルバム。ごく当たり前の暮らしを慈しむ心持ちが伝わってくる歌だ。老いを感じる年代になって初めて理解できる心情があると気づかせる「ホームにて」や「迷いの海」などにホロッとする。彼なりの説法かとも思えてくる。”
    (雑誌『CDジャーナル』)


  • 松田亜世: シングル
    『あるがまま/おかえり』
    iTunes Storeにて独占ダウンロード販売開始! →松田亜世 - あるがまま

  • 松田亜世 -

    松田亜世: おかえり


    iTunes Storeにてダウンロード
    販売開始!! →松田亜世 - おかえり

    ”「越のしらやま」は故郷・加賀の白山をエンヤトットのリズムで唄う。アコースティック・ギターとヴァイオリンをバックに日本の夏の情景を描く「盂蘭盆会」、 3フィンガーのギターが印象的な「渇愛」など、古き良きフォークの味も。”
    (雑誌『CDジャーナル』)


  • 松田亜世: 思ひ出雪 [Maxi]
    “世代の壁を超え、普遍性を持った真摯なアコースティック・チューンだ。” (雑誌『CDジャーナル』)

  • 松田亜世: がんばるまっし
    “故郷を離れた者に向けての金沢弁応援歌「がんばるまっし」、花街の悲喜を綴った「廓唄」、漫才師の志を謳った「新宿三丁目」などどれも物語性が高い。初期の長渕剛風の繊細で少し泣きの入った歌声から、世情を変えたいという想いも伝わる。”
    (雑誌『CDジャーナル』)

    “生まれ育った文豪の街・金沢の影響からか文学の香りのする歌詞の世界が素晴らしい。曲風は70年代フォーク/歌謡曲を彷彿させる、しっとりとしながら深い情感のようなものがこもったメロディが印象的だ。”
    (雑誌『Player』)

無料ブログはココログ